柳原製粉機

 ・小麦粉(地粉)を製粉します。

 
製粉した粉を受ける箱は「木製」である。様々な製粉工程の中で受けた
熱を吸収し、粉を落ち着かせるには、木製が一番望ましい形です。


 小麦粉の製粉作業についてはコチラ→
 
粉砕機(奈良製作所M4)
 
  ・麦こうせん(はったい粉)、
  ・きな粉、
  ・全粒粉、
  ・米粉(上新粉)    を製粉します。


  
ミル式粉砕機。中央のピンが高速回転することで原料に強い衝撃を与え、スクリーンの穴を通し粉状に加工します。高速回転するピンは
同時に風を発生させるため、原料の温度上昇を抑えています。
スクリーンの目の大きさは0.8mmとなっています。

※外観写真

 ※内部の写真 左側から
大きさスクリーン、原料を砕くミル、ミルの蓋

 
   
 ■網釜(ドラム回転式直火焙煎)

 ・大麦、大豆を焙煎する釜です。

 
高温で煎りあげる昔ながらの製法です。丁寧に焙煎しますので香り
が良く、コクある仕上がりとなります。
     
砂釜(砂炒式焙煎機)

  ・麦茶
  ・ハト麦
  ・麦こうせんの原料を焙煎する釜です。

 
 
麦を焙煎する釜です。熱媒体(砂)を用いることにより、網釜よりさらに高温で焦げ付くことなく焙煎することできます。遠赤外線効果により
ふっくらと仕上げることができます。

  

※外観写真

※内部写真